Accessibility




Content

Home > 行政情報 > ゴミ出しとリサイクル
關聯仕進 環境保護のためにゴミを適切に処理しなければならない義務があります。 住宅及び事業場は発生するゴミの量によってお金を支払います。分けたゴミは指定された場所に出さなければなりません。ゴミは必ず指定ゴミ袋に入れなくてはならず、ゴミ袋は指定のスーパーなどで購入することができます。龍山区のゴミ袋は龍山区でしか使用できません。
ゴミ袋
住居用ゴミ袋の規格は5、10、20、30、50、75、100リットルがあります。事業場用ゴミ袋の規格は50、75、100リットルです。また生ゴミは別途の袋に入れて出すことになっており、その規格は2、3、5、10リットルがあります。少量の建築廃棄物、ガラスなどを入れる麻袋(50リットル)も製造されています。ゴミ袋は回収日の前日午後6時から午前6時の間に出さなければなりません。(アパートではいつ出してもかまいません。)リサイクルできるゴミは紙、プラスチック、ガラス、金属など4種類に分けられます。アパートには種類別収集箱があります。リサイクル品はなるべく異質物を取り除き、かさばらないよう小さくします。
リサイクル品
リサイクルできるゴミは紙、プラスチック、ガラス、金属など4種類に分けられます。
紙 : 新聞、本、段ボール、封筒、包装紙、牛乳紙パックなど(紐で縛り、段ボール箱に入れて出す)
プラスチック: ペットボトル、プラスチック製牛乳瓶、スチロール、プラスチックなど(プラスチック製ではないフタやラベルは取り除いて出すこと。シャンプー及び洗剤の容器は水で洗い流して出すこと。)
ガラス : ガラス製の飲料瓶など(ワイン、飲料瓶及び薬品瓶は洗い流すこと。割れたガラス瓶はリサイクルできない)
金属 : 鉄製及び缶は平らにして出すこと。毒物または異質物は取り除く。
生ゴミ
生ゴミは水気をしっかり切ってから生ゴミ用袋に(2,3,5,10リットル)に入れて出します。
粗大ゴミ
家庭で捨てる家電製品、家具類などの粗大ゴミは、役所(洞事務所)へ訪問するかインターネット申請を通じて排出します。排出申告の際に発行された“申告必証”を粗大ゴミに付着して出すと、区庁の粗大ゴミ担当班が回収します。
洞事務所へ訪問
① 洞事務所へ訪問
② 申請書作成
③ 手数料納付
④ ステッカー発行(粗大ゴミに付着)
⑤ 指定回収日に申告必証を付着後、排出
インターネットで申請
① 龍山区庁ホームページにアクセス(http://www.yongsan.go.kr)
② メニュー画面の󰡒粗大ゴミ申請󰡓をクリック
③ 申請書作成(名前、住民番号、電話番号、住所など)
④ 詳細内容の作成(ゴミの種類、数量、排出日付、その他)
⑤ 決済(現金振り込み、クレジットカード)
⑥ 申告必証の印刷
⑦ 日付に合わせ、粗大ゴミに申告必証を付着し排出

Foot